読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の気づきを淡々と

仕事(企画・広報)で学んだことを中心に書きます。たまにそうでもないことを書きます。つまりなんでも書くつもり。

ストレングスファインダーで自分の強みを調べてみた。強みを見出し、活かす。

働き方 プロフィール

ずっと前から知っていたのですが、ようやく購入。

新品を購入すると仕事をする上での自分の強みが何なのかを確認できるwebテストができます。まあまあ有名な本でしょうかね。

 

 

f:id:akio130:20170311211214j:plain

 

この手の本は興味があるので何度かやってます。

 

過去に仕事で不利な戦いを強いられて辛い日々を送った経験があります。もうあんな状況に追い込まれるのは絶対に避けたい。自分が戦える強みは?戦える状況に持っていくにはどうしたらいいか?そういう点が気になっています。まあ、単純に面白いというのも理由ですけどね。

 

ということでやってみました。30分くらいかかります。結果をメモ。ここから先はだいぶ個人的な内容になります。

 

まずは結果についての説明文。

 

自分だけの特長的な資質 

The Gallup Organizationが長年に渡って実施してきた調査によると、仕事を最も効果的に行うのは、自分の強みと行動を理解している人たちです。 このような人たちは、仕事や家庭生活で日々求められていることをやりこなす戦略的な能力に優れています。

自分にどのような知識やスキルがあるかを確かめることによって、基本的な能力はわかりますが、自分の本来の資質に気付き理解することによって、どのような行動を取ることで将来成功を収められられるかがわかります。

「自分だけの特長的な資質」のレポートは、あなたのStrengthsFinderの結果に基づき、上位5つの資質を強い順に並べたものです。 全34項目中、これらの資質があなたの強みの上位5つです。

「自分だけの特長的な資質」は、資質を最大限に活かし、将来の成功につなぐ手がかりとなります。 個々の資質に着目したり全体を概観することで、自分にどのような資質があるかをよく把握することができ、さらにそれらを強みとして成長させ、仕事やプライベートの両面で一貫してよい結果を得ることができます。

 

34項目の色々な資質がある中の5つが結果として出るようです。何が強みか?

 

(1)社交性

社交性のWooとはWinning Others Overの略、つまりほかの人を魅了することにつきます。あなたは知らない人と出会い、彼らにあなたを好きにさせることに挑戦するのが大好きです。あなたは知らない人を怖がることがめったにありません。むしろ、あなたは見知らぬ人に元気付けられます。あなたは彼らに惹かれるのです。あなたは彼らの名前を知り、質問をし、共通の関心事をみつけ出し、それによって会話を始め、関係を築きたいのです。話題が尽きることを心配して、会話を始めることを嫌がる人がいます。

でもあなたは違います。あなたは何を話せばよいかを常に心得ているだけでなく、知らない人に近づくことを本当は楽しんでいます。なぜなら、はじめの一歩を踏み出して人との関係を作ることから、あなたは大きな満足を得るからです。そして一度そのような関係ができ上がると、あなたはそこでそれを終わりにしてまた次の人へ進みます。

これから出会う人は大勢います。新しい関係を築く新たな機会があります。これから交流を持つ新しい人の群れがいます。あなたにとって友達でない人はいません。ただ、まだ会っていないだけなのです。たくさんの友達に。

 

初対面好きなので「見知らぬ人に元気づけられます」っていうのがすごい分かる。初対面の人と話すことは楽しいです。でもその一方で、一度会って話したら「あなたはそこでそれを終わりにしてまた次の人へ進みます。」って、ちょっと淡泊すぎやしませんか?あたってるけど。笑

どんな仕事が向いてるでしょう。バーのマスター?いろいろな人にインタビューするような仕事もいいかも。1度しか会わない営業もいいかもしれません。

 

(2)最上志向

優秀であること、平均ではなく。これがあなたの基準です。平均以下の何かを平均より少し上に引き上げるには大変な努力を要し、あなたはそこに全く意味を見出しません。平均以上の何かを最高のものに高めるのも、同じように多大な努力を必要としますが、はるかに胸躍ります。

自分自身のものか他の人のものかに関わらず、強みはあなたを魅了します。真珠を追い求めるダイバーのように、あなたは強みを示す明らかな徴候を探し求めます。生まれついての優秀さ、飲み込みの速さ、一気に上達した技能――これらがわずかでも見えることは、強みがあるかもしれないことを示す手がかりになります。

そして一旦強みを発見すると、あなたはそれを伸ばし、磨きをかけ、優秀さへ高めずにはいられません。あなたは真珠を光り輝くまで磨くのです。このように、この自然に長所を見分ける力は、他の人から人を区別していると見られるかもしれません。

あなたはあなたの強みを高く評価してくれる人たちと一緒に過ごすことを選びます。同じように、自分の強みを発見しそれを伸ばしてきたと思われる人たちに惹かれます。あなたは、あなたを型にはめて、弱点を克服させようとする人々を避ける傾向があります。あなたは自分の弱みを嘆きながら人生を送りたくありません。それよりも、持って生まれた天賦の才能を最大限に利用したいと考えます。その方が楽しく、実りも多いのです。そして意外なことに、その方がもっと大変なのです。

 

「平均以下の何かを平均より少し上に引き上げるには大変な努力を要し、あなたはそこに全く意味を見出しません。」

ほうほう。

 

「平均以上の何かを最高のものに高めるのも、同じように多大な努力を必要としますが、はるかに胸躍ります。」

そうなのかなー

 

「あなたは自分の弱みを嘆きながら人生を送りたくありません。それよりも、持って生まれた天賦の才能を最大限に利用したいと考えます。その方が楽しく、実りも多いのです。そして意外なことに、その方がもっと大変なのです。」

大変なんかい!いやー、甘くはないですな。 

 

(3)調和性

あなたは同意点を求めます。あなたは、衝突や摩擦から得るものはないという考えを持っているため、そのような争いを最小限にしようとします。

周囲の人々が異なる意見を持っていることが分かると、あなたはその中の共通する部分を見出そうとします。あなたは彼らを対立から遠ざけて調和に向かわせようとします。事実、調和はあなたの行動を左右する価値観の一つです。人々が自分の意見を他人に押しつけるために無駄にしている時間の多さは、あなたには信じがたいほどです。

もし私たちが意見を述べることを控え目にし、代わりに同意や支援を求めるようにすれば、皆がもっと生産的になれるのではないでしょうか? あなたはそうなると信じています。そしてその信念によって生きています。

他の人が自分の目標や、主張や、強く抱いている意見を声高に話している時、あなたは沈黙を守ります。他の人がある方向に動き出すと、あなたは調和という名のもとに(彼らの基本的価値観があなたの価値観と衝突しない限り)、喜んで彼らに合わせてあなた自身の目標を修正するでしょう。他の人たちが自分たちのお気に入りの理論や考えについて議論を始めると、あなたは論争を避ける方向に持っていき、全員が賛同できる、実用的で地に足の着いた事柄について話すことの方を取ります。

あなたの見方では、私たちは全員同じ船に乗り合わせていて、この船をこれから行こうとしている所に到着させる必要があるのです。それはしっかりした船です。単に自分が船を揺することをできることを示すために、わざわざ船を揺する必要などないのです。

 

これもすっごい分かる。「他の人が自分の目標や、主張や、強く抱いている意見を声高に話している時、あなたは沈黙を守ります。」というのも分かる。思っていても異論は言いません。(おいっ。)

激しく各自が意見を出している状況では「みなさんでやってください」ってなってしまいます。一方で、意見が対立して歩み寄りができないような状況では、着地点を探すのが得意かもしれません。

 

(4)公平性

あなたにとって、バランスはとても大切です。あなたは、地位とは関係なく人々を平等に扱う必要性を強く信じています。ですから、あなたは誰か一人が特別扱いされることを望みません。

あなたは、このようなことが利己主義や個人主義につながると考えています。それは、一部の人がコネや、出自や、わいろによって、不公正な利益を得るような世の中につながります。これはあなたが心から嫌悪していることです。

あなたは自分自身を、そんな状況を作らないための監視役だと考えています。このような特権がまかり通る世の中とは対照的に、あなたは、規則が明確で誰にでも平等に適用される矛盾のない環境で、人々は最高の働きをすると信じています。

これは、人々が何を期待されているかを分かっている環境です。それは予測が可能で、公正な環境です。これこそ公平さです。このような環境でこそ、人は自分の価値を発揮する公平な機会を持ちます。

 

これはどうかな。

 

(5)適応性

あなたにとって今この瞬間が最も重要です。あなたは将来を既に決まっているものとは考えていません。将来というのは、今あなたが行う選択によって変わっていくものだと考えています。

つまり、それぞれの時点で進む方向を一つずつ選択することによって、将来を見出すのです。これは計画がないということではありません。おそらく計画は立てているでしょう。たとえ計画が予定通りに行かなくなったとしても、適応性という資質によって、あなたはその時々の状況に容易に対応することができるのです。

突然の要請や予期せぬ回り道に憤慨する人も中にはいますが、あなたは違います。あなたは、それらを期待しているのです。それらは必然のことであり、実のところ、あなたはある程度それを待ち望んでいます。あなたは生まれつき大変柔軟性のある人です。仕事上の必要から同時にいくつものことに注意を払わなければならない場合でも、常に生産性を保つことができます。

 

ガチガチの計画は苦手。なぜなら直前に状況は変わるかもしれないし、自分の気分が変わるかもしれない。と思っています。 よく言えば柔軟に対応できるということなんですかねぇ。昨年行った海外放浪はほぼ何も計画しないで大いに楽しみました。最近好きなぶらり途中下車の旅も無計画ですし。

短期で結果が出る勝負を数多くこなすのが好きですね。長期戦は苦手。とはいえ長期的に取り組まなければならないものもあるので、細かくタスクを切ることで短期的な仕事に落とし込んでうまく乗り切るスキルが必要かも。

 

 

おおむね当たってると思います。こうした結果をもとに、自分の仕事をうまく当てはめていけると少しは仕事がやりやすくなるのかもしれません。まあ、それができたら苦労しないのですけど。

 

本書では、上記の強みを持っている人たちが実際の仕事の場面で考えていることが書かれています。また、「資質の順位に重要な意味ああるのか」「弱点にはどうやって対応すればよいのか」「実際に強みをどう生かせばよいか」などについても書かれているようです。ざっくりよみました。

 

他にも仕事に関する適正テスト系のものがあるので試しにやってみてはどうでしょうか。特に就活生はやってみるといいかもしれませんね。 

 

こちらは15~30分くらいで実施可能。会員登録が必要です。

無料で自分のよい点を判定するリクナビNEXTの「グッドポイント診断」をやってみた。

 

これは10分くらいです。私は「エンターテイナー」でした。なにそれ。

『非常に正確で「ちょっぴりゾッとする」』という評判の性格テスト(16Personalities)に再挑戦。

 

16Personalitiesの簡易版ならこちら。

3分かからず無料で性格診断ができる「ロルモ」をやってみた。中高生にオススメでしょうかね。

 

JR王子駅近くをぶらり途中下車の旅。駅前の公園。川沿いの高級住宅街。東京都は金持ち。

ぶらり途中下車

東京都のJR王子駅前をぶらり途中下車。京浜東北線が止まる駅です。

ここで降りるのは何年ぶりだろう。。。

前の会社の同期の結婚式二次会動画撮影を目的に数時間滞在した時以来。

それ以外で降りたことがない。

 

(先に言っておくとオチとか無いです。何事もなく王子を散策して終わる話です。)

 

電車から降りてふと出口を見ると、南口の表示。

行き当たりばったりです。ここから降ります。

飛鳥?

3つの博物館?

降りてみます。行動は気分で決めます。これが大事。

 

南口を降りると

f:id:akio130:20170310233616j:plain

 

右側に続く道があり

f:id:akio130:20170310233806j:plain

 

線路を越える鉄橋を進むと

f:id:akio130:20170310233835j:plain

 

飛鳥山公園に到着。公園の南側に入りました。

f:id:akio130:20170310233931j:plain

こんな駅前にまあまあ広めの公園があるのか。

 

家族連れが多め。ブルーシートを引いてお弁当を食べている人も。

f:id:akio130:20170310234220j:plain

 

ここいいな。

もう少し暖かくなったらここでビールと簡単なつまみを持ち寄って。。。たまらん。

 

今は使われなくなった鉄道も展示されていて、自由に中に入れる。

 

D51853

f:id:akio130:20170310234344j:plain

鉄オタにはたまらんのかなー。自分は興味あんまりないけど。

 

これは「都電6080」というものらしい。興味ないけど。

f:id:akio130:20170310234407j:plain

 

中には子供がたくさん。一緒に中に入る勇気は持てませんでした。

 

公園敷地内には「紙の博物館」「飛鳥山博物館」「渋沢資料館」があり、どれも入館料300円。今度時間があるときにゆっくり入ろう。

それにしてもどの建物も綺麗。東京都は金持ってるな。。。

 

少し歩いて講演の北側へ。

f:id:akio130:20170310235417j:plain

どこかの大学の縄跳びサークルが跳んでました。青春だね。

 

「縄跳びサークル」って大学生に人気無さそうなネーミングだな。と思ったので調べてみると出てきました。

 

「ダブルダッチ」

JDDA - 特定非営利活動法人 日本ダブルダッチ協会

会長はマラソンで有名な増野明美氏(なんで?)

 

2本のロープを使って跳ぶなわとびです。3人以上で行ないますが、向かい合った2人のターナー(回し手)が、右手のロープと左手のロープを半周ずらせて内側に回す中を、ジャンパー(跳び手)が色々な技を交えて跳ぶというものです。手軽に誰にでもできて、集中力、持久力、リズム感、創造力、バランス、そしてチームワークが自然に身につく楽しいスポーツです。

 

ひとつ学んだわ。

 

さらに北方面に歩いてみると

 

あすかパークレール・山頂駅

f:id:akio130:20170311000038j:plain

 

飛鳥山公園モノレール - Wikipedia

 

高齢者障害者や子供連れなど誰もが飛鳥山公園を利用しやすくするために、北区が飛鳥山公園入口駅から飛鳥山山頂駅までの間に2億6千万[1]かけて設置した昇降設備で、2009年7月17日から運行を開始している。

 

東京都金持ちだな。健常者ですが、ここからモノレールに乗って降りて王子駅前に行けます。ちなみに車両名は「アスカルゴ」とのこと。飛鳥山だけに。

 

一瞬で下山。王子駅前北口に到着。

 

さてどうしよう。ひたすらノープラン。

川に向かって歩いてみよう。

 

駅北口付近は交通量多めのゴチャゴチャな感じ。ここは苦手。

f:id:akio130:20170311000604j:plain

 

20分ほど川に向かってあてもな歩くと途中で商店街を発見。

f:id:akio130:20170311001019j:plain

 

豊島中央通り商店街

f:id:akio130:20170311000720j:plain

東京の商店街って駅前のイメージだったけど、こんなところにもあるのか。

 

昔ながらの銭湯とコインランドリーもあって、なかなかいい感じ。

f:id:akio130:20170311001252j:plain

 

さらに川に向かって歩く。どこに向かってんだ。

f:id:akio130:20170311001621j:plain

 

「ハートアイランドSHINDEN」というエリアに到着

f:id:akio130:20170311001341j:plain

 

f:id:akio130:20170311001352j:plain

新田 (足立区) - Wikipedia 

 

ギリギリ足立区に侵入。

おお。高級住宅街。佃リバーシティを思い出す。

駅から2kmほど歩きました。ここから通勤するならバスらしいですね。

 

 王子駅、赤羽駅を結ぶ路線バスが頻繁に運行されている。

 

ということなので。でも通勤時間帯に10分一本程度なので、そこまで多くないかな。

 

うーん、ここに住むことはないか(本来の目的は新住居探しです。)

 

川沿いは整備されていていい感じ。ここをジョギングするのはいいかもな。

f:id:akio130:20170311002427j:plain

 

視察完了。

「東京都金持ってるな」と感じることの多い散策でした。博物館きれいだし、道きれいだし、モノレール無料だし。これが格差か。東京住んでいる間にふるさと納税すりゃよかった。

 

東京のぶらり途中下車の旅おもしろい。たぶんまたやります。

 

(このあと王寺駅前の「平澤かまぼこ」で飲んで終了。いい週末でした。)

 

芝浦エリアで最高級のイタリアンに。レベル高すぎてもう来られない。

グルメ 田町グルメ

田町には一体何件の飲食店があるのか。

取り憑かれたようにひたすら飲食店巡り。

 

駅前の通りからは少し裏に入る場所に「リストランテ ラ チャウ」

f:id:akio130:20170309095055j:plain

 

入店すると料理を出される前にシェフが挨拶に来る。壁にもたくさんのシェフの写真。周囲は高そうなスーツを着ている人ばかり。海外の方もチラホラ。私服で来ちゃったよ。場違い感出まくり。

 

コース料理をいただきました。最初にパンが出て 

 

スープ

f:id:akio130:20170309095450j:plain

 

f:id:akio130:20170309095512j:plain

 

?(上に乗ってるのはトリュフ!)

f:id:akio130:20170309095525j:plain

 

f:id:akio130:20170309095539j:plain

 

パスタ

f:id:akio130:20170309095546j:plain

 

f:id:akio130:20170309095607j:plain

 

デザート

f:id:akio130:20170309095619j:plain

 

なんだこれ。レベル高すぎます。

 

[食べログ]リストランテ ラ チャウ(Ristrante La ciau)

 

芝浦エリア堂々の一位ですか…来られたのが奇跡です。

また来られるのだろうか。

芝浦で濃厚味噌の美味しいもつ鍋。蓮根はさみ揚げもいい。日本人でよかった。

グルメ 田町グルメ

今日も着々と田町(というか芝浦)を攻略中。

飲んでばかりいるみたいですね。

 

今日はこちらの居酒屋「かざくら」へ

f:id:akio130:20170308190532j:plain

 

もつ鍋、焼き鳥などが豊富。他は一般的な居酒屋と大きくは変わりませんかね。(お刺身はあまり用意していないらしいです。)

 

ここで美味しかったのは

 

もつ鍋(1人前1,290円)

f:id:akio130:20170308190802j:plain

(食べかけ写真・・・もっと美味しそうに撮影しなければいけませんな。)

味噌、塩、醤油味から選べます。味噌一択。味噌は偉大です。スープだけでビール飲めそうです。日本人でよかったと思えるひととき。

 

蓮根はさみ揚げ(590円)

f:id:akio130:20170308190852j:plain

これはおいしくて3回注文。笑

 

あと、串焼き盛り合わせ(7種で990円)もなかなかでした。

f:id:akio130:20170308191115j:plain

 

厚切りハムカツ(590円)もおいしいですよ。

f:id:akio130:20170308191525j:plain

1cmくらいの厚さはありましたかね。ボリューム満点。(薄切りも好きですけど)

昔、タモリ倶楽部でハムカツ選手権やってたのを思い出しまた。(タモリ倶楽部大好き。)

 

だいぶ芝浦を制覇したなー、と思ったら、食べログで検索すると「芝浦」「居酒屋」で70件ほどあります。(レストランとかバルは除いて)

 

全部制覇は無理か。

それにしても、こんなに飲み屋を渡り歩いて、私は一体どこを目指しているのか・・・

 

[食べログ]居酒屋かざくら田町本店

 

インターネット回線工事営業(NTT?So-net?)とのやりとりメモ。こういうのもありますよ、という参考まで。

雑記

少し前に実家にインターネット回線工事の営業電話が来ました。電話に出ている父を見ていると明らかにイライラして最後にはキレる。ちょうどその場に自分もいたので、替わってみました。

 

(イラスト屋の素材ってなんでもあるなー)

f:id:akio130:20170307161302p:plain

 

やや強引な営業電話

出てみると・・・確かにこれはイライラするかも。こちらの理解のペースを無視してガシガシ話してくる。ちょ、ちょっと待って。しゃべる内容ほぼ決まっているようで、よどみなく、こちらのペースを無視してハイスピードでトーク。21時過ぎにこの電話はちょっと勘弁してくれ。(ちなみに「NTTが」とか「So-netが」などと発言するが、自分がどこの会社なのかは話してこない。)

 

営業の人が満足してしゃべりきったところで、こちらから分からん点を質問しました。一応質問するとちゃんと回答してくれる。はいはい。言いたいことは分かった。

 

要約すると

・So-netのニューロ光というサービスの紹介である

・月額料金が約7,000円から約5,000円に安くなる

・速度が現在の200Mbpsから2,000Mbspに速度アップする

・利用しているメールアドレスは変わらない(wakwakのまま)

・カスペルスキー製のセキュリティソフトが無料でついてくる

・無線LANの機器が無料でついてくる

・回線工事費無料

 

うん。いいことだらけです。いいことだらけ過ぎて逆に怖いわ。

 

その場で工事日時を決めてこようとする。ちょ、ちょ、待てよ。言ってることはいいことだらけっぽいけど、これじゃ何も納得できねー。

え、あんたたちこんな説明と強引な内容でシニア層相手に電話営業してんの?

ネットのことよくわからない方々相手だからって、そりゃないんじゃないの。

何よりも、その強引さにイライラ。

 

とりあえず待ってほしいと言って電話を切る。ちゃんと個人の携帯番号と、フリーダイヤルの番号の両方は教えてくれる。そこは丁寧で誠実。(でも社名は言わない)

 

実家のインターネット回線は10年ほど前に工事したもので、確かに規格としてはもう古いものかもしれないしので工事は検討してもよいかもしれない。回線工事について調べようと思っていてズルズル来ていたこともあったので、ありがたい提案営業ではあります。なので、完全に拒否する、ということはしません。

 

とりあえず待ってくれと言って電話を切りましたが、いろいろドタバタしてしばらく放置。すると、その後も何度も家に電話がくる。親もいいかげん嫌になってきたので、仕方なくいろいろネットで調べてみました。

 

どんな業者なのか調べてみました

まず教えてもらっていたフリーダイヤルを調べてみると

電話番号0120899629の詳細情報 - 電話番号検索

 

MPサポート
NTT So-netの代理店

断っても光回線に必要な工事なんですとか、プロバイダは変わらず安くなりますと言ってきます。しつこくて久しぶりにムカつきました

 

MPサポートというNTT.so-netの代理店。

光の配線工事の連絡と入っきて契約者は誰かと聞いて来ます。全く勧誘では無いなどああいえばこうな言い回しで電話をきりません。結局nuro光の勧誘電話です。 

 

MPサポート」?。その名前は電話中には一度も出てこなかったな。。。

 

NURO光(ニューロ光)の評判と知っておくべき5つの注意点 - NAVER まとめ

によると

 

電話や直接訪問でNURO光への加入をすすめてくるのはほとんど悪質な詐欺会社。

 

ちょっと古いけど(2014年のtogetter情報)

NURO光のエリア担当がNTTを名乗っている - Togetterまとめ

によると、なかなかの評判ですな。いろいろな代理店がNTTかのような言いぶりで営業してくるという。そういう手口。。。いまだに続いてるのか。

 

NURO光申し込み先別キャンペーン一覧と受取条件によるとキャッシュバックも代理店を通すと損する模様。わけわからん月額料金かかる契約をあれこれされるとか。携帯購入するときによくあるやつですね。

 

光回線インターネットNURO 光 | NURO 光によると、ソフトバンクの携帯電話使っている人にとってはお得なことがあるとのこと。ソフトバンクじゃないので知らんけど。

 

それとネットでは見つからなかったですが、聞いた話では「回線工事費を工事業者に依頼するけど、費用を節約するために工事には委託先の業者から1人しか派遣しないらしい。ちゃんとした大手では2人で工事に来るのでテキパキ進む。」という。

 

この時点でまとめると、こういう代理店を通してニューロ光に申し込むのは危険だけど、直接申し込めばニューロ光自体はいいサービスで、回線めっちゃ早くなるという声もある。

 

まあそういうケースがあるとしても、もう疲れたよ。とりあえず断ろう。

一回断ってから、また調べて考えます。とりあえず電話攻勢はやめてもらおう。

 

お断りの電話をしました

教えてもらったフリーダイヤルに2回かけても出ない。するとすぐ、教えてもらっていた携帯電話からかかってきました。

 

「あ。電話いただきましたでしょうか?」

 

なんでフリーダイヤル出てくれなかったのかな。まあいいや。

 

「あ、どうも回線工事の件でお話がしたくて」

 

「はい、なんでしょう。」

 

「とりあえず、そちら様は(一度も名乗ってくれなかったけど)「MPサービスさん」ですよね」

 

「・・・はい。そうです。」

 

変な間があったな。やっぱり名乗らないマニュアルなのでしょうか。

 

「申し訳ないですが、回線工事の話は無かったことにしてください。申し込む際にはこちらから代理店通さないで連絡します。」


「そうですか。ちなみにどちらのキャリア携帯をお使いですか?」

 

「(ソフトバンク使ってたら、お得になりますよ攻勢するんだろうけど)ソフトバンクではないんです。すみません。」


「・・・わかりました。」

 

「すみませんね。もう電話はやめてください。」

 

という感じで終わりました。

 

本当にMPサービス(からの営業に乗っかる)ことがいいことなのかどうかは分かりません。あくまでこれは一例です。どなたか「いや、別に問題なかったよ」という話があったら教えてほしいです。

 

とりあえず気が向いたら直接So-netかどこかに自分から連絡して回線工事を依頼することにします。確かに10年ほど前の回線だと古くなってて、新しい規格もあるだうから工事したほうがいいんだろうけど、どうもこういう手続き系は腰が重い。(これは自分が悪い)

 

フォローするわけではないですが、担当の人だけは一応誠実な感じでした。質問すればがんばって返事してきてくれるし。

 

でも、自社がどこなのかを名乗らないでNTTやSo-netかのような言い方だし(それが一番重要な営業テクなんだろうけど)、営業が強引だし、契約内容が怪しいし、夜(21時過ぎ)にも電話してくる。ちょっと不信感ありありでしたね・・・マニュアルがそうなってるんでしょうね。

 

何度も言いますが、ここで契約することがいいか悪いか分かりません。
こんなことがありました、という一つのご参考まで。

 

逆にニューロ光契約してよかったり悪かったりした体験談あったら教えてください。 

 

京浜東北線・王子駅のアットホームな立ち飲み屋。居心地よすぎて近所にほしい。

グルメ ぶらり途中下車

都内への引っ越しを模索しながらも、だんだん目的を見失ってぶらり途中下車の旅を楽しむようになっている今日このごろ。

 

京浜東北線、赤羽と上野の間に位置する王子駅。駅すぐ目の前の「平澤かまぼこ」へ。

f:id:akio130:20170307002806j:plain

 

かまぼこ?

飲み屋の名前だとは思いませんが、しっかり赤ちょうちんがあります。

 

店内はこんな感じ。狭い狭い。

f:id:akio130:20170307003021j:plain

立ち飲み屋なのですが、背後に1人通れるスペースしかありません。

でもこのごちゃごちゃ感好きです。

 

店員さんはお姉さん1人、外国人(ネパールかどこかだったはず)のお兄さん1人。

 

メニューは壁にかかっています。

生ビールの「大ジョッキー」(700円)が目につきます。安い。

f:id:akio130:20170307003454j:plain

 

高級馬刺しが500円。なわけないだろ!

f:id:akio130:20170307003509j:plain

 

ビールを頼むとお通しが出てきます。

きんぴらと大根の浅漬け。素朴な味です。

f:id:akio130:20170307003636j:plain

 

高級馬刺し(500円)

500円でこの量。なかなかですな。

にんにくとしょうがをいただいて食べます。

f:id:akio130:20170307003745j:plain

 

まぐろ刺身(350円)

やっすい。

f:id:akio130:20170307003803j:plain

しかもけっこうトロに近い。店員のお姉さんに「これトロっぽくないですか?」と聞くと「日によって違います。」という回答。いい意味で適当。こういう店好きです。笑

(刺身用のわさびが個人的にはけっこう好きなやつでした。これは地味にうれしい。)

 

おでん。

注文を聞いてくれるお姉さんの脇で、もう一人の店員のお兄さんがどんどん皿に盛ってくれます。なにその連携プレー。効率よすぎ。注文言い終わる瞬間に皿が置かれました。早すぎ。

たまご、だいこん、ウインナー巻、チーズ巻

f:id:akio130:20170307004025j:plain

チーズ巻、ウインナー巻だけではなくて、うずら巻、ぎょうざ巻、しゅうまい巻、ごぼう巻・・・そういえばここは、かまぼこ屋。練り物が多いみたいです。

 

ということで恐らく看板メニューのかまぼこを注文。

f:id:akio130:20170307004557j:plain

まあ普通でしたが。

 

それよりもこちら。焼豚(300円)がうまかった。

f:id:akio130:20170307004549j:plain

とろとろに煮込まれていて、箸で持つとすぐボロボロ崩れる。

 

だいぶ食べたなー。

お皿が空き始めると、お通しが盛られていた皿にお姉さんがお通しを追加してくるではないですか。「ここはそういう(お通し食べ放題)サービスなんですか?」と聞くと「私の気分です」との回答。なんだそりゃ。笑

 

このお姉さんがなかなかの変わり者で面白い。

 

「いつからここで働いてるんですか?」

 

「4か月前の12月です」

 

え、マジで。まだ新人なのに好き勝手店を回してるのか?

ちゃんと聞いたら実は出戻りで、昔は長期間やっていたとのこと。なるほど。愛想のいいお姉さんはほぼ毎日入っているとのことなので、また行ってみよう。(注:ガールズバーではない)

 

8月になると休みが増える(日曜)らしい。理由を聞くと「んー、たぶん暑いから」とのこと。もうツッコむのいいや。

 

お客さんは入れ代わり立ち代わりで入ってきて、常連さんもたくさん来る。常連さんの一人ともフランクに話すことができた。

 

こんな感じで客同士が仲良くなれる店って楽しいよなー。

こんなお店を開きたい。笑

 

[食べログ]平澤かまぼこ王子駅前店

 

ん。「王子駅前店」ってなんだと思ったら、本店?は東十条らしいです。

 

[食べログ]平澤蒲鉾店

営業時間15:00-18:30って。おでんと練り物の販売のみらしいです。

こっちには行かないか。

 

高校以来に会う友人と仕事の話で酒を飲んだ。意外なところでブログ読んでくれてて嬉しい。

働き方

高校時代の友人であるFと飲みに行くことになった。

 

何年ぶりだろう。ほぼ卒業以来なので14年ぶりか。何年も連絡をしていなかったけど、急にLINEで「飲もうぜ」との連絡があって、即「OK」と応じて飲むことに。

 

久しぶりに会うけどFはLINEやFacebookで顔を出していない。もし姿がすっかり変わってしまっていたら、変なリアクションしてしまわないか心配。すごい太ったり、もしくはハゲになってたらどうしよう。笑うべきか、気づかないフリをすべきか。。。などという無用な心配してみたが、会ってみると何も変わってない。なんかホッとする。制服と私服しか見たことないので、スーツ姿に違和感を覚える程度で、他は昔のまま。

 

北千住の気取らない店でざっくばらんに近況を話す

f:id:akio130:20170302231119j:plain

 

こういうときは最初はお互いの近況から話すことになる。Fは大学を卒業してから金融系の企業で働いているという。1社目は色々あって辞めて、今は2社目の金融系の企業で働いているという。話は盛り上がり酒と料理が進む。普段はあまり飲まない日本酒もグイグイ進む。ちょっと危険。

 

「なんで今日、急に連絡くれたの?」

 

「最近いさおのブログ見てて、働き方に関することの記事を読んでたら、なんだか俺に訴えかけてくるような気がしてね(笑)なんか飲みたくなった。」

 

まじっすか。嬉しい。本人的には、同業同世代の仲間数名向けにイメージして書いていいるんですけど、こうやって意外なところから反響があるようです。こうやって、予測できない人からリアクションが来るのがネットに文章書いていてよかったことです。

 

仕事にいろいろ不満があるらしく、別会社から天下ってくる人間が上で好きにやってることに腹を立てて前の会社を辞めたことや、組織が逆三角形(管理職が多くなりすぎ)になってきて不満があることなどを話してくれる。

 

「でも大きな金融系の会社でしょ?給料はいいでしょ。」

 

「確かに給料はいいよ。ただ、今は我慢できるけど、いさおの文章見ててなんだか俺も考えることが色々あってね。実はもともと話は進めてたんだけど仲間と起業するかも。」

 

「え、まじで?」

 

「大事なのはお金だけじゃないよなー」

 

正直、日本酒飲みまくってベロベロになってきておおまかな話しか覚えていないが、けっこう驚いた。そして、Fも次に向けて動こうとしている話を聞いて嬉しくなってさらに飲む。

 

日本酒何杯目か分からん。笑

f:id:akio130:20170302231454j:plain

 

最後は近くの「寿司勝」で寿司。お互い大人になったなー

f:id:akio130:20170305191222j:plain

 

いろいろ同世代と話すと、もちろん楽しくやりがいもって働けてる人もいるけど、けっこう疲弊している人が多い。30代になって会社内で主軸になってきて、でもリーマンショック後に入ってくる後輩が少なくて、若手のころの仕事も担当したまま中堅になってたり。負担が大きくなってる人も多い、と感じる。

そうじゃなくても、働いていく中で本人の希望と会社が提供できるものにズレが生まれることはよくあるし、でも給料とかのことを考えると辞めにくい人もいるだろうけど。

 

そんな同世代の働き方についての考え方に対して、少しでも参考になることを書けたらいいなーと思いながら、今日もサザエさん症候群になっているかもしれない、あいつとあいつに向けて文章を書いてみた。たぶん読んでないだろう。

 

今日は芸風を変えて書いてみました。ではみなさん、よい月曜日を。