読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の気づきを淡々と

仕事(企画・広報)で学んだことを中心に書きます。たまにそうでもないことを書きます。つまりなんでも書くつもり。

ドラッガー曰く、最初の就職先は「くじ引き」らしい。なんか分かる。

昔読んだ本をほじくり返してみます。「仕事」とか「働き方」については前職辞める前の1年間くらいはさんざん考えたので、その時のネタがわんさかあります。 たまたま見たページが面白かったので紹介。 これだけ人生の時間が長くなった時代なのであるから、ま…

ストレングスファインダーで自分の強みを調べてみた。強みを見出し、活かす。

ずっと前から知っていたのですが、ようやく購入。 新品を購入すると仕事をする上での自分の強みが何なのかを確認できるwebテストができます。まあまあ有名な本でしょうかね。 この手の本は興味があるので何度かやってます。 過去に仕事で不利な戦いを強いら…

フリーエージェント的な働き方。自分はまだまだ程遠いけど徐々に目指したい。

本を読みました。 冒頭からこんな感じ。 プロローグ もっと違う種類の仕事を探したほうがいいと気づいたのは、もう少しのところでアメリカ合衆国副大統領にゲロをひっかけそうになったのがきっかけだったと思う。 のっけから何の話かと思った。笑 アル・ゴア…

プラモデルと、文章を書くということ。

地元の魚民で飲んでいると、テーブルにこんなものがありました。 100円でワンピースキャラの組み立てパズルができるらしい。お金を入れてレバーを回すとパーツがが出てきます。 表 裏 酔っ払ったいい大人が夢中になって組み立ててしまいました。プラモデルっ…

これからの働き方・生き方についての指標となる本「ライフ・シフト」は自分の考えを言語化してくれた本だった。

「ライフ・シフト」という本を読みました。超よかったっす。 (「言語化してくれた」というのはちょっと言い過ぎかもしれないけど。) 過去に何度かブログに書いた「ワーク・シフト」が働くことについての変革についての本であるのに対して、この「ライフ・…

「幸せの新しいものさし」を読んでみました。ものさしを転換して新しい価値を提供する参考になるかも。

本を読んだので感想を。 前の会社の先輩で、現在は「NPO法人多摩源流こすげ」で働いている先輩に存在を教えていただいて読んでみました。 「博報堂大学」という、博報堂の人材育成を担う企業内大学の方々が制作した本らしい。広告を作る側視点の本ですね。 …

「努力と根性」の重要性を説く本を読んでみた。部分的には同意できるけど危ない考えかも。

先日参加したNPO団体「A-CON」のイベントで「GRIT 平凡でも一流になれる『やり抜く力』」という本をもらいました。プレゼント交換でたまたま回ってきたんですよ。 「GRIT」は日本語でひとことで言うと「努力と根性」みたいなものらしいです。その重要性につ…

文章を書く人にとって参考になりそうな本を読みました。書く前の設計は重要。(でもこのブログはほぼ勢いで書いてます)

文章を書くことについての本を読んでみました。 新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング (できるビジネス) posted with ヨメレバ 唐木 元 インプレス 2015-08-07 Amazon Kindle 楽天ブックス 本書から一つだけ引用するとしたらこちら…

ネットをどんどん使うなら、せめて説明書的な本くらい読もう。大人も勉強するべき。

本を読みました。46ページ。読みやすっ。 わたしたちのLINEハンドブック posted with ヨメレバ 竹内 和雄 学事出版 2015-01-28 Amazon Kindle 概要 この本は以前読んだ「スマホチルドレン対応マニュアル」を書いた竹内和雄氏が書いた本です。LINEを使う際に…