ブログ名が決まらない

仕事(企画・広報)で学んだことを中心に書きます。たまにそうでもないことを書きます。つまりなんでも書くつもり。

SNSの使い方は「情報収集」になってきているらしい。そんな中で「情報発信」をしてみます。どうなるかな。

Facebookに登録して5年ほど経過しました。つながっている人たちをみていると、最近は積極的に投稿している人、見てるだけの人、ログインさえしていない人、さまざまいると感じています。どれがいいとか悪いとかは特にないっすよ。

 

で、そんな状況の中で、今日はこんなニュースを見ました。たまたまではないですよ。仕事柄ですよ。

 

(最近は仕事柄「ネット」「SNS」のキーワードに敏感になっておりまして。決して遊びではないことを、ここで少しだけ強調しておきます。)

 

SNSが「交流」から「情報収集」に変わってきている

 

iphone-mania.jp

 

JTB総合研究所というところの調査です。(そんなところがあったのか。)

記事を読んでみてSNSの利用が減っていることに対する分析で

 

SNSは<交流ツール>として広まったものの、人とつながりすぎることがストレスとなる「SNS疲れ」を感じた人が利用をやめ、ニュースや消費に関わる<情報ツール>へと変化しているのではないか、と分析しています。

 

みたいな結果がありました。

 

そんでもって別の記事からはこんな記載も

 

www.glitty.jp

 

「SNSデトックス」なんて言葉が流行るほど、Facebookで疲れたサンフランシスコ女子たちが新しい"つながりかた"として選ぶのは「見えすぎないSNS」。

プライベートをさらけ出すのも、人のプライベートに「いいね!」するのも、もうトレンドではないのです。

 

タイトルの「サンフランシスコ女子」ってなんやねん!という違和感とツッコみはそのへんに置いておいて、2つの記事からはFacebookの使い方が「見るだけ」に変わってきているらしい、ということが分かります。

 

これが最近の流れなんですよね。RSS代わりにSNSを使って気になるニュースをチェックするような人もいます。情報収集の手段になってきているようです。そして、スマートニュースとかYahooニュースとかを開くよりも先にFacebook開いて、友人がシェアしたニュースを優先してチェックするなんて方もいらっしゃいます。

 

で、そんな流れの中で自分がどう使っているか

ワタクシはどんな使い方をしているか振り返ってみました。

 

【交流】

近況報告的に活用して友人との交流に使っています。多くの友人がいる会社を辞めても、SNS活用で多少は人間関係をうまく維持できている、と思っています。

 

また、所属するサッカーチームのことを書いて交流につなげています。他のチームの方々からは顔を覚えてもらえたり、練習試合に誘ってもらえるきっかけになっている(はず)

 

【情報収集】

気になるメディアやインフルエンサーのFacebookページをフォローして、流れてくるニュースをチェックしてます。大手メディアの記事だけだと偏った見方になるんですが、これだと色々な面から物事が見れますよ。最近はTVや新聞だけで情報を集めることが怖くなってきました。

 

というのに加えて【情報発信】も意識しております。

 

【情報発信】

自分が気になる記事があれば、経験をふまえたコメントつけてシェアしたり、ブログで発信している。

 

こんな感じでやっております。ただ、情報発信することで何かいいことあるかというと、まだそれは実験中であります。たぶんいいことあるんですよ。きっと。うん。

 

結論がイマイチなまま終わります

途中からダラダラ考えながら書いてしまって、何が言いたいのか分からない記事になってしまいました。

 

無理やりまとめると「SNSやブログを活用して、みなさんのトレンドとは違った使い方をしてみますよ。発信するといいことあるらしいけど。まあ、どうなるか分かりませんけど。」という、しょうもない結論になってしまいました。

 

別の視点(仕事目線)で考えると、「子どもは最初はだいたい交流目的でスタートして、大人になるにつれて飽きてきて情報収集にシフトしていくのかな」なんて、思いました。良質な情報を収集(スマ勉など)する方向で使ってくれたらいいのに。。。

 

ちなみに、そもそもこういう情報発信は好きなので、面白くやっています。それだけでいいこともかもしれませんけどね。遊びつつの勉強です。文章を書く力もついてきた、かも。

 

今日はサッカー日本代表の試合がもうすぐ始まってしまうので、今日はこのへんで。本田圭佑は出場するのかな。