ブログ名が決まらない

仕事(企画・広報)で学んだことを中心に書きます。たまにそうでもないことを書きます。つまりなんでも書くつもり。

会社辞めるなら2017年はいいタイミングかも?とりあえずリクナビNEXT登録でしょ。

別にマイナビでもインテリジェンスでもいいですが。

 

元旦はダラダラしつつニュースを見ると「働き方」に関する記事が気のせいか多めな気が。そういうのばかり見ているせいかもしれないですが、電通の件などもあって2016年下旬から盛り上がってる話題ですしね。

 

思ったことをつらつら書きます。

 

 

(ここにYahoo Japanの記事へのリンクを張っていましたが、リンク先記事が無くなってしまいました。働き方に関する記事でしたけど。。。) 

 

前半のビックカメラの社長の話はほぼ反対意見。どの理屈も社員を働かせるためにとってつけたような話にしか聞こえない。社長がそういう思想だと従業員絶対大変そうだけど…どうなんだろ。

 

それよりも後半の方の話に共感。

「今の日本人は昔よりも忙しく、疲れている。流通や小売り、外食業界の方も元旦ぐらいは休ませてあげてほしい。当社が行った今年の行動を振り返る調査では『オフの時間に休んだ年』と、『気分転換で出かけた年』の二者択一の質問に前者の回答が約7割を占め、後者が約3割だった。来年に力を入れたいことについて聞いた調査でも『睡眠・休息』がトップだった」

 

来年に力を入れたいことが「睡眠・休息」ってなんだよ。笑

それって「力をいれること」なのか?

 

と思ってしまいますが自分も2015年は同じ考えだったことを思い出しました。あのころ「今何したい?」って聞かれたら「休みたい」って即答してましたよ。2016年はそれを実践した形になりました。たっぷり休んでようやく働く意欲湧いてきた。休むのって重要。奴隷だってしっかり働かせるために休息は与えられるんだし。ん。奴隷以下だったのかもしかして。休みたいですよね。

 

でも今の日本の流れだと

今後も人手不足で共働き世帯が拡大し、さらに疲れている人が増えると見込まれている

とのこと。そうだろなー。特に2009年以降はリーマンショックの影響で新卒採用をどこも絞っていて、その後に景気回復してきて今は働き盛りの10年目近辺に負担かかりすぎ。

 

business.nikkeibp.co.jp

(全文を読むには会員登録が必要です。)

 

「失われた20年」の間に社員数を絞りに絞ったところへ、景気が底入れし、仕事が増えたのだから社員はたまらない。

 

ああそうか。自分たちが就職した2008年より前にはリーマンショック後の期間よりもっと長い失われた20年があったのか。確かに10年以上先輩の人たちも少なかったような気がする。

 

ということで、しんどかったら動いたほうがいいと思う。

 

そんな中、おみくじで占うなら「自ら動いたら大吉」だろう。企業は慢性的な人手不足に加え、将来にわたって人材を確保できる展望が描けないことから、新卒一括採用だけでは足らず、中途採用の拡大を一層進めていくことになる。優秀な社員ほど、自ら積極的に動けば有利な転職ができる。そんな年になりそうだ。もちろん、猛烈に残業させられる伝統的な働き方の企業からは、どんどん人が逃げ出すことになる。

 

どこも人は足りない状況。そして人が足りなくて一人一人の仕事が増える一方。そのまま大人しく残るとどんどん仕事が集まってきちゃいますよ。本当は仕事任せてもらえるのは幸せなことかもしれませんが限度ってものがあるわけで。

 

とりあえず外を見るだけでもいいと思う。リクナビNEXTに登録してグッドポイント診断やるだけでもいい。無料だし。

無料で自分のよい点を判定するリクナビNEXTの「グッドポイント診断」をやってみた。

f:id:akio130:20170102111552p:plain

 

実はすでに登録している人多いんだろな。逆に登録したことが無い人がいたら「まだ登録してないの?」って思っちゃいます。なにやってんの?

ちなみに私は転職したばかりですが登録したままです。まあ外の情報は常に知っておいたほうがいいですしね。

 

あちこち見てみて、その結果いろいろ考えて今の会社に残るならそれでもいいんですよ。でもそうじゃなくて、なんとなく残ってて疲弊してくのはやめたほうがいい。

 

仕事で疲弊する同世代が一人でも減って欲しいです。