日々の気づきを淡々と

仕事(企画・広報)で学んだことを中心に書きます。たまにそうでもないことを書きます。つまりなんでも書くつもり。

「満員電車通勤」と「執務室での決められた時間の業務」が無い生活。もう普通の会社員には戻れないかも。。。

今日はSkypeで通話しながらTrelloChatWorkでやり取りしたり、Googleスプレッドシートを共同編集しつつ仕事しました。

 

どんどん「同じ場所にいなければならない」ということが無くなっていくなー、という実感。便利なツールのおかげで家でも仕事が問題なくできる。

 

もちろん雑談のよさや直接会うことの大切さもありますが、オフィスの同じ空間で何時間も一緒に働く必要はない。

 

そういえば自分の場合は会社のオフィスという空間で働くのが苦手でした。

 

まず満員電車に乗ってオフィスに行くまでにめちゃくちゃ疲れます。到着したあとも同じ空間で多くの人がいるのに全員黙って仕事するのは苦手だったし、お互いに好きなタイミングで声をかけてしまうことができる状況も苦手でした。なんか雰囲気嫌いだし、急に話すと集中力断ち切られる。執務室で長い時間ずっと仕事するというスタイルは向いてなかった。不適合者でした。

 

「満員電車通勤」と「執務室での決められた時間の業務」が無くなっただけで、かなりのストレス軽減・業務効率アップしている気がする。向き不向きはあるでしょうけどね。

 

毎日オフィスに定時出勤するスタイルにはもう戻れないかも。。。