ブログ名が決まらない

仕事(企画・広報)で学んだことを中心に書きます。たまにそうでもないことを書きます。つまりなんでも書くつもり。

強み診断ツール『VIA-IS』を受けてみました。(所要時間20分程度)

最近知り合いが紹介していたので受けてみました。

過去に仕事で死にかけた経験がある身としては、こういう診断を受けてうまく仕事をやっていく術を身につけることが、仕事に殺されないためにも重要だと思っています。

 

ではやってみましょう。

 

どんな診断ツールか?

 以下のページによると

強み診断ツール『VIA-IS』の紹介|ポジティブ心理学 無料心理テスト

「VIA-IS」における強みは全部で24種類に分類され、そのうちトップ5の強みが「自分を特徴づける強み(Signature Strength)」とされています。これらの強みを生活や仕事などで活用することで、人生の満足感や仕事の充実感が向上するという研究結果も報告されています

 

自分の強みを発見できる診断ツールのようです。ストレングスファインダーと似たような感じかな?受けてみて確認してみます。

(過去記事:ストレングスファインダーで自分の強みを調べてみた。強みを見出し、活かす。

 

言語、名前、メール、パスワード、性別、誕生年月などを入力
f:id:akio130:20180121140423j:plain

 

 

質問内容

上記画面の「REGISTER」をクリックすると、120の質問がスタートします。

「とてもよくあてはまる」
「あてはまる」
「どちらでもない」
「あてはまらない」
「全くあてはまらない」

の5つの選択肢から選んでいきます。

f:id:akio130:20180121140538j:plain

 

「いつも約束をまもる」「始めたことはいつもやり遂げる」といった質問はそれなりに回答しやすかったですが、こんな質問もありました。

 

自分は元気いっぱいだ。 」

→もし前の会社で働いているときだったら「全くあてはまらない」を選んでいたでしょう。今回は「あてはまる」にしました。時期によって回答が変わりそう。

 

・「どんな時でも自分のチームメイトやグループの仲間たちを支持する。」

→「どんな時でも」というのが抽象的な気がする。さすがに犯罪犯した人がいたら支持できないし、どんな状況を想定してるんだろう。

 

「人は私のことを「一を聞いて十を知る人間だ」と言う。 」

→「人は私のことを「賢いですね」と言う。」でいいのでは?

 

短い質問はどう捉えたらよいかちょっと戸惑いましたが、自分なりに解釈して20分くらいで答えました。

 

診断結果

回答を終えると24種類の強みの順位が出ます

f:id:akio130:20180121141557j:plain

 

トップ5の強みが「自分を特徴づける強み(Signature Strength)」とされているらしいです。各強みをクリックすると、詳細な説明が出てきます。(本文最後で詳細な内容を見ています)

 

「これらの強みを生活や仕事などで活用することで、人生の満足感や仕事の充実感が向上するという研究結果も報告されています」とのこと。

苦手なことを克服することは、エネルギーの無駄遣いになる場合も多いので、強みを活かしたいところ。

 

普段からサッカーやるんですが、似たことをよく感じます。ドリブル、パス、シュート、ヘディング、ディフェンス、オフェンス・・・得意なことは各自違います。

自分の場合はヘディングとロングキックが得意なので、それらの能力を活用する場面が多いディフェンスをやっています。奪ったボールはすぐに、パスやドリブルが得意な選手に渡す。

仕事も一緒ですねー。自分の強みを理解して、それを使える場面が多くなるように仕向けたいものです。

 

ちなみに有料でより詳細なレポートを入手することができるらしいです。

f:id:akio130:20180121152649j:plain

20$から50$で入手できるようです。 欲しいけど微妙に高い。。。どんなレポートが出てくるのか人のものでいいから見てみたいです。今回はやめておこう。

 

他のオススメ診断系

他にもこういうのもあります。

 

『非常に正確で「ちょっぴりゾッとする」』という評判の性格テスト(16Personalities)に再挑戦。

→10分くらいです。無料。

 

無料で自分のよい点を判定するリクナビNEXTの「グッドポイント診断」をやってみた。

→15~30分程度。無料です。

 

でもやっぱり一番よかったのはストレングスファインダーですね。(これは中古本は買ってはいけません。診断を受けるためには、本についている1度しか使えない診断コードを利用する必要があります)

仕事や生活の質を上げたい人は参考になる情報が得られるかもしれません。 

 

おまけ

ここからは個人的なメモです。上位5位に出てきた強みの詳細を見て、今後どう活かすか考えてみます。

 

1.公平さ

公平や正義という概念に従ってあらゆる人々を同様に扱う。自身の個人的な感情が他者への評価をゆがめることを許さない。皆に公平にチャンスを与える。公平さを強みとするあなたにとって、あらゆる人々を公平に扱うことは揺るぎない信念の一つです。あなたは自分の個人的な感情が他者への評価をゆがめることを許しません。あなたは誰にでも公平にチャンスを与えます。

ストレングスファインダーでも同じ結果が出ました。どう活かすんだろう。 サッカーの審判?いや、もうちょっと普段でも使えるはず。これがどうビジネスで活かせるのか。。。うーん、今は思いつかない。

 

2.リーダーシップ

自分が属するグループが物事を達成できるように力づけると同時に、グループ内で良い人間関係が保たれるように尽力する。グループのメンバーが活動しやすいように支援し、実現できるように動く。リーダーシップに強みをもつあなたは、リーダーシップを発揮するのが得意です。グループが物事を成し遂げられるように励まし、全員にグループに対する帰属意識を感じさせることでグループ内の調和を保ちます。あなたはグループメンバーが動きやすいように支援し、実現できるように動く人です。

リーダーかどうかは分かりませんが、「調和を保つ」というのはストレングスファインダーでも出ました。殺伐とした空気が嫌ですね。 みんな平等に仲良くワイワイしていたいです。

「4」で出てくるユーモアも若干活用して、公平に場を盛り上げるのが得意です。パリピなんです。

 

3.寛容さ

過ちを犯した人をゆるす。人にやり直すチャンスを与える。決して復讐心を持たない。寛容さ、慈悲心を強みとするあなたは、自分に対して過ちを犯した人をゆるします。あなたはいつも人にやり直すチャンスを与える人です。あなたという人間を導く信条は慈愛であり、復讐心ではありません。

基本怒りません。復讐なんて考えたこと無い。ただ、「小言を言われる」「邪魔される」 「場の空気を壊す(調和を乱す)」「誰かを贔屓する」のは嫌かも。

で、何にどう活かせるんだろう。

 

4.ユーモア

笑いやいたずらを好む。人に笑いをもたらす。明るい面を見る。ジョークを考える(必ずしも口にしなくてよい)。ユーモアを強みとするあなたは、笑ったり、いたずらしたりするのが好きな人です。あなたにとって人に笑いをもたらすのは大事なことです。あなたはあらゆる場面で明るい面を見ようと努める人です。

まあまあ、ほどほどにあると思っています。ときには自虐も含めつつ。です。 仕事で学生向けに講演をすることがあるので、そこで少し活かせるといいかも。

 

5.自律心

自分の気持ちや振る舞いをコントロールする。規律正しい。自分の食欲や感情をコントロールする。自己調整を強みとするあなたは、自分の気持ちや振る舞いを自ら意識してコントロールする、規律ある人です。あなたは自分の食欲や感情をコントロールしていますが、逆に食欲や感情にコントロールされることはありません。 

 自律心はあるほうなんでしょう。今はリモートワークで自由に働いています。ジムにも通い定期的に運動をし、食事は健康面を考えて食べています。できるだけ自由な環境で働かせてもらうことが、いい仕事をするうえでは大切なのかもしれません。前職では、自由が無かった。。。

 

 

うーん。どう活かせるのかイマイチ分からないのでもうちょっと考えてみます。

 

(追記)診断結果を用いてワークショップをやってみました。

強み診断ツール『VIA-IS』の受診結果を話し合う会に参加してきました