日々の気づきを淡々と

仕事(企画・広報)で学んだことを中心に書きます。たまにそうでもないことを書きます。つまりなんでも書くつもり。

Googleアカウントで登録したアプリを探せる「Deseat.me」

先日、こんなものを見つけたのでちょっとやってみました。 

iphone-mania.jp

 

「Deseart.me」では、Googleアカウントでサインインするだけで、GoogleのOAuthプロトコルを使ってユーザーのデータにアクセス、そのユーザーがこれまでネット上で作成したアカウントを探し出し、リスト表示してくれます。

 

とりあえずやってみる

よくいろいろなサービスでアカウント作成するときにGoogleアカウント使って登録しますよね。それを見つけてくれるようです。 

 

おお、なんか面白い。

全くアクセスしていない不要なアカウントは削除したほうがいいと思うので、早速ログインしてみました。3分もかからないで全アカウント探せますよ。

deseat.me

 

トップ画面です。

f:id:akio130:20161130093343p:plain

中央の「sign in with google」でログイン

 

9個のアカウントが出てきました。

f:id:akio130:20161130093412p:plain

不要だと思うアカウントの「add to delete queue」を

必要なアカウントは「keep」を選択していきます。

 

「あ、こんなアカウント作ってたっけ。」というのもちらほら。

 

選別後です。

f:id:akio130:20161130093432p:plain

 

2つ、謎のアカウントが見つかりました。

「mri.co.jp」?

「dir-bi.co.jp」?

全く覚えがありません。 

 

ちなみに、このサイトでアカウントを消すなどという乱暴なことはできません。

Deseart.meによれば、同サイトがユーザーから取得するのはGoogleアカウントと、どのアカウントを削除したいかという情報のみで、あとはGoogleのOAuthプロトコルを用いるため、ログイン情報にアクセスすることはない、と説明しています。

 

それぞれのアカウントのところをクリックすると、そのサイトに飛べるので、そこでアカウントを個別に削除する必要があります。

 

ただ、自分の場合「mri.co.jp」「dir-bi.co.jp」のどちらもリンク先がありません。うーん、大丈夫かこれ。ちょっとだけ心配。削除できず。

 

今後、新規アカウントを作成するなら

Gmailでアカウントをあちこち作成していて「どこにどんなアカウントがあるか分かんなくなっちゃった」という方はちょっと試してみてはいかがでしょうか。

 

今後は新しいサービスで新規アカウント作成する場合、特に理由が無ければGmailでアカウント作るようにしようかな。

 

アプリを消してもアカウントは消えない

最後に一つだけ言いたかったこと。

 

スマホアプリを使っている人は多いと思いますが、あれってアプリ削除しただけだとアカウントは消えませんからね。まじで。

 

そのため、スマホゲームなどで毎月課金をいている人は、そのアプリ消してもアカウントは残って課金が続く、という事態になりますから要注意です。

 

(ここでふと思い出したのが自動車保険。昔、車を売却したけど保険だけ残ってて無駄に銀行引き落としされていたのを思い出しました。通帳もちゃんと見ないとな…)