読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の気づきを淡々と

仕事(企画・広報)で学んだことを中心に書きます。たまにそうでもないことを書きます。つまりなんでも書くつもり。

キュレーションメディアはこれからも必要だし伸びていくと思った話。

メディア デマ

ちょっと前にWebで「キュレーションメディア」(キュレーションとは、ネット上のさまざまな情報を集めて整理すること。)の問題がありましたが、キュレーションメディアそのものが悪いのではない。きちんとしたキュレーションメディアは今後も発展していくと感じた話。(勉強メモみたいなものです。)

 

キュレーション行為自体が悪いのではなくて、問題は著作権無視や不正確さ

先日BuzzFeeDで掲載された記事

DeNA問題で問うべきは「ネットの信頼性」じゃない 現代のメディアのあり方だ

1万文字くらいありますけど、全部読みました。すごい。Webで発信する機会がある方は目を通しておくことをオススメ。

「Webのキュレーションメディアが悪い」と新聞から攻撃されていたけど、何が悪いかというと運営側の「プラットフォームを運営しているだけなので、そこに書かれていることはウチは悪くありません」というスタンス。そして書いている人たちに明確に盗用を指示していたという。意図的に著作権を無視した盗用を行い、人の興味を惹く真偽不明なネタを乱発していた。

 

そういうスタンスが問題なのであって、しっかりとした事実を、著作権問題を解決しながらキュレーションしていれば、価値のあるものだったと。

 

ソーシャルネットワークとスマートフォンの普及により、「誰でも・いつでも・どこでも」情報がネットにアップされ、拡散されるようになった。事件や事故、災害が起これば、現場にいる人がリアルタイムで写真や動画を公開する。中高生の間で本当に流行っているものは、大人が取材するメディアを通じてではなく、ソーシャルネットワークを通じて共有されるようになった。

とすれば、これらの無数の情報をまとめる「キュレーションメディア」が生まれるのは、時代の必然と言える。事件や事故があっても、警察からの情報提供がなければ、発生場所もわからなかった時代とは違う。

 

ネット上を探せば大量の情報が溢れている。それをしっかりと一つの観点やカテゴリーでまとめるだけでも非常に有用で、意味があること。なるほどー

 

「エディターシップ」という言葉もあるらしい

ここで昔読んだ本を思い出す。

 

本書に「エディターシップ」という章がある。

作品とは、うまく組み合わせてみると、単体では出てこなかったような価値を出す場合がある。そういう仕事には価値があるし、そういうことができる人にはエディターシップがあるという。

 

ひとつひとつの文章や作品は、それほどとくに秀れているわけではないのに、まとめられると、見違えるようにりっぱになる場合である。

 

第一次的創造はクリエイションである。これを加工して新しい価値に昇華させるのは、メタ・クリエイションである。思考についても、この想像とメタ・創造の次元が存在する。カクテル式の論文は、メタ・創造によるもので、物語で言えば、「デカメロン」「源氏物語」式ということになる。

 

ライターにどんな記事を書かせて、全体としてどういう構成にするかは大事ですよね。まさに編集者の仕事。キュレーションっていうのは、ネット上にある情報をしっかり編集することであって、(著作権を守り、デマを流布しないで)正しく行えば価値のある行為。

 

ルールが変わりながらキュレーションメディアは今後も栄えるのでは

ネット上に散乱した情報を一つのカテゴリや観点に沿って綺麗に整理するというのは、今後も必要になってくると思います。ただ、今はまだ著作権上の問題とか理解できていない人も多いし(自分も含め)、引用の作法も曖昧。

本気でキュレーションしようとしたら、ネタを発信した人すべてに直接連絡をとって許諾を取る。そうなると労力もかかる。Twitterとかで投稿された内容はTwitterの規約によると、誰でも引用可能みたいなのですが、今はマナーとして事前に利用可否を聞くべきな雰囲気。昔だったら外部リンク貼るのに「リンクフリー」ってわざわざ言っていたようなものでしょうかね。

そういうところでもっと引用しやすくなるようにルールや作法が変わっていくと、今後もキュレーションも発展していくかもしれない、なんて思いました。

 

おわり

我慢すればマシュマロを食べられるかもしれないけど我慢しすぎはよくない。

2つの記事と、自身の体験をもとに「頑張りすぎるのはよくないこと。」ということを、長々と思いつくままに書きました。

 

「頑張るのが辛い」  のは危険な状態

こんな記事を読みました。

 

仕事絡みの記事を量産するメディア「Books&Apps」の記事

「頑張るのがつらい」と感じたら、何かが間違っている。 | Books&Apps

 

「頑張るのが辛い」という相談をしてくる若手社員に、先輩社員が助言をする内容。これは先輩の助言に同意。もうこれ以上頑張れないと感じているようなら、その頑張り方は間違っている。

 

自分に置き換えて思い出してみる。

 

元々、ペースは遅いかもしれないけどコツコツ頑張るのは得意だと思っていて、高校の時は3年間で英単語を毎日愚直に10個暗記したり、サッカーのためには筋トレや走り込みも我慢して取り組める性格だった。振り返ってみても、よくがんばったなー、と思う。(もうちょっと効率的なやり方はあったかもしれないけど。)

 

しかし過去の仕事で嫌な業務に一日中埋め尽くされて、どれだけ頑張ればいいのか見えなくなったときに「あ、もう俺がんばれなくなる。やばい」ということを感じました。嫌な我慢を続けると、人間はおかしくなるということを体感。「頑張る」って当たり前だと思っていたのに。

 

上記記事に書いてある

「つらいことを続けるのが、頑張る、ではないのでしょうか?」

「その通り。」

というやり取りに激しく同意。辛いことを続けるのは「頑張る」ではない。「悪い我慢」と言い換えたほうがいいかもしれない。

そうだ、自分は「悪い我慢」を何年もしてきたわけだ。。。よくやってきたな。そりゃおかしくなるわ。

 

いい我慢とはなんだろう。

 

今度はこんな記事を目にする。

 

マシュマロが得られる我慢をする

Facebookで流れてきた、とある長文記事。 

貧乏になる人の特徴 - デマこい!

( 本文の本筋についてはここではあまり触れません。読んでみてください。)

 

この中で「マシュマロ実験」という有名な実験が紹介されている。何かで読んだことあるな。4歳児にマシュマロを見せて「15分我慢したらもう一つあげよう」と言う。そして我慢できた子とできなかった子を追跡調査すると、我慢できた子のほうが成功者になりやすい、というもの。

 

何かを成し遂げるためには、目の前の何かを我慢する。 確かにそうだと思う。

 

しつこいようですが、ここでも過去の仕事を思い出す。

 

目の前の仕事を耐えに耐えてやっとのことでやり遂げる。しかしマシュマロは得られない。がんばる。何も得られない。そうなると我慢、努力ができなくなる人間が出来上がる。恐ろしい。

 

適度な我慢は必要なことは分かっている。しかし過度な我慢、間違った我慢は体に毒。何かが得られている実感を持てない我慢なんてやめた方がいい。

 

ほどほどの我慢でマシュマロを得ることが大事

過去の仕事で我慢の限界を迎えたあとは、退職して半年休暇で我慢を一切しない国内外自由旅をしました。しかし、我慢も成果も無い生活というのは、しばらくはよかったのですが、一方で退屈だったかも。試行錯誤もPDCAも達成も無い生活だった。

 

最近はサッカーや仕事で適度な努力・我慢をすることを思い出してきている。 ほどほどの我慢と忍耐で、よい努力を積み重ねて、ちょっとずつマシュマロを食べている感覚になってきています。効率的かどうかというと疑問に思うこともあるけど、まあ前には進んでいるはず。

 

頑張るのが辛いと思っている仕事はやめた方がいい。心身を消費します。

一方で、我慢は大事。でも、我慢しても自分にとってのマシュマロが得られていないなら、その状況もおかしい。

 

要するに我慢しすぎない方がいいです、というありきたりな結論に落ち着いてしまうという。なんともこれいかに。

大学生は長期インターンシップへの参加を勧めます。聞くとやるでは大違いの仕事は多いのだから。

働き方

新卒採用がそろそろ本格化しそうな今日この頃。現在1dayインターンシップ中?3月から説明会解禁?6月から面接?嘘でしょ。建前でしょ。まあいいや。

 

そんな中、「長期インターンシップ」というものについて話を聞く機会がありました。半年以上同じ会社でインターンシップしている学生の話を聞いてみて意識の高さに驚愕。目標設定して、将来を見据えて、PDCA回して…半端ねぇ!自分のときにもこういう経験してみたかったな。会社で働くのは、聞くとやるじゃ大違いですし。

 

最近では「キャリアバイト」というWebサイトがあって、長期インターンを検索したり応募できたりできるみたい。こういうナビサイトもあるんですね。自分が大学生のときに知って活用してみたかった。

f:id:akio130:20170218112705p:plain

 

働きながら学べる

お金をもらって働きながら仕事を学べる。最高ですね。キャリアバイト内で探してみると、例えばシステムエンジニアの仕事では「システム開発」や「システム動作テスト」を行う仕事もあるらしいです。どんな説明会聞くよりも業務が分かるでしょ。しかもお金もらえるなんて羨ましい。

これは自分が就活する前にやってみたかった。しかも可能であれば別業種で複数社でやってみたかった。いろんな仕事があって、どういう働き方が向いてるのかじっくり試してみるのは大切だと思う。

いきなり説明会と面接だけで会社を決めて、そこでずっとやっていくって博打でしょ。

 

大学→ずっと同じ会社って無理ゲーです

そもそも今はキャリアが一直線すぎる。大学卒業して入社してそのまま何年も何十年も過ごす…それでいいのか?それが通用したのは価値観が単純で、みんな同じでよかった雰囲気があった一昔前なのでは。

 

自分の場合、大した業務スキルもない状態で会社に入ってしまい、そこでさんざん大変な仕事やってました。辞めたくなったけど、その会社の仕事しかしてないので、外でやれるかどうか自信を失っている時期があって、嫌々でも働くしかなかった。自分の市場価値を極端に低く見てしまっていた。「ここでダメなら他に行ってもダメ」という過度に一般化された思考になっていた…

自己肯定感も低くなってたかも。

過去記事:自己肯定感

 

事前にインターンを経験してればそんなことも起きなかったかもしれない。複数の会社の実際の業務を知っていれば、合わない会社なんてさっさと辞められただろうな…

 

まあ、もう過去のことなんでどうでもいいですけど。

 

長期インターンはまだまだ普及しないか

そもそも存在が知られていないですね。先日話した学生も「短期インターンをやっていたときに長期インターンの存在を知った」とのこと。そうだよね。自分なんて大学院行くまでインターンの存在を知らない体たらくでした。

あと、探してみてもほとんど都内しかない。地方の学生からすると短期インターンならまだしも、さすがに長期インターンは厳しい。(リモートワークできる長期インターンも出てきているらしいですが。)

週に2〜3回出勤できないといけないのも難しいかな。理系の学生は学業でひいひい言ってるかもしれず。

 

長期インターン、学生時代にやりたかった。

 

都心近くの大学生は是非長期インターンシップやるといいと思いますよ。

4年生で内々定済みの人も、学業が大丈夫なら行ってみるべき。

インターン/インターンシップ募集情報ならキャリアバイト

 

新橋でいかにもワインがメインだと思った店で料理に満足しました。

グルメ

最近は新橋でばかり飲んでるような気がします。

 

ワイン好きな奴と飲むことになったので

f:id:akio130:20170217085202j:plain

「今夜もワイン」というお店をチョイス。そのまんま。

 

店内はいかにもバルな感じ。

などと知ったかぶりなことを言いつつ、バルが何かよく知らず調べてみる

 

食堂とバーが一緒になったような飲食店を指し、スペインやイタリアなどの南ヨーロッパにおいては酒場、居酒屋、軽食喫茶店のことです。

 

食堂兼バーってことですな。 

 

ワインがメインと言いつつ、最初はハートランドを飲みながら料理を注文。

 

レバーパテ

f:id:akio130:20170217092239j:plain

バケット多めなのが好印象。いつもレバーが残ってしまいますが、バケットと同時に減らせる量。

 

フライドポテト

f:id:akio130:20170217092033j:plain

あ。こうい系ですね。もっとマクドナルドみたいな感じを想像してました。

ちなみにこの形は「ナチュラルカットポテト」というらしいです。マクドナルで出てくるのは「くつひも」を意味する「シュースストリングポテト」とのこと。

 

 マグロとアボガドのタルタル風アヒポキ

f:id:akio130:20170217092038j:plain

ハワイ語で「アヒ」はまぐろ、「ポキ」は魚を小さく切るという意味の、ハワイ伝統料理の一つです。

KRAFT クラフトチーズレシピ ~おいしいアイデア、世界から。~

 

チーズ入りハンバーグ。

(「今夜のフライパン」というメニューがあり、店員さんに聞いたら出てきました。)

f:id:akio130:20170217092042j:plain

 

挽肉と茄子のラザニア

f:id:akio130:20170217092044j:plain

 

チーズの盛り合わせ5種

f:id:akio130:20170217092048j:plain

 

後半にはようやく「ヴィーニャ サロート」というウルグアイの重め(フルボトル?)の赤ワインを注文。美味しかったような気がする。酔いました。

ワインが150種類以上置いてあってワインメインのお店だったのですが、結局ビールをメインにして、ワインは少々。料理で満足してしまいました。

 

先日も日本酒メインのお店なのにビール飲んでた気がします…結局ビールなんですよね。

 

今度来たらワイン飲もうかな。

 

f:id:akio130:20170217111229j:plain

f:id:akio130:20170217111232j:plain

 

[食べログ]今夜もワイン

 

昭和の香りが漂うニュー新橋ビル地下街でうまい魚と酒

グルメ

新橋飲みが多い今日この頃。

新橋駅前すぐにある、ニュー新橋ビルの地下で飲みました。

 

低中層階の地下1階から4階までは、飲食店商店金券ショップマッサージ店等の主としてサラリーマンを対象とする店舗が入居している[3]、また、地下2-3階は駐車場とされており、高層階の5-9階はオフィス、10-11階は1-2DKの住宅とされている[1]。1日の来場者は1万人を超える[4][5]。特に商業区画の雰囲気には独特なものがあり、おやじビルとの愛称がある。

 

おやじビル…

 

地下1階には飲食店が30店舗ほどあります。(ゲームセンターや、マッサージ屋もあります。)昭和の香りがする居酒屋系が多い印象。まさに新橋です。

 

今回行ったのは「銘酒 魚の家」

f:id:akio130:20170216180935j:plain

 

魚が美味しかったです。

盛り合わせには珍しく活タコが入ってます。

f:id:akio130:20170216181356j:plain

珍しいと言いつつ、この店からすぐ近くの旧月でも活タコが入ってました。

 

ブリ大根。

f:id:akio130:20170216181406j:plain

 

店の名前からして、日本酒が美味しいお店らしかったのですが、個人的には苦手なのでやめておきました。プレモル一択。ちょっともったいなかったかな。

 

魚以外の肉料理も美味しいものが揃ってます。ハズレはなかったです。

ニュー新橋ビル、他店舗も行ってみよう。

 

[食べログ]銘酒 魚の家

 

簡単なテストでSNSの「いいね中毒」かどうかを確認してみました。いいね獲得のための嘘や誇張はダメ。

Facebook SNS ネット依存 ネットリテラシー 個人情報漏えい 情報モラル

先日、ロシアのカスペルスキーというセキュリティ企業がこんなリリースしてました。

 

<Kaspersky Labレポート:ソーシャルメディアが人々に及ぼす影響-2>10人に1人が「いいね」を獲得するために事実を誇張 | カスペルスキー

 

Kaspersky Labが、日本を含む世界18カ国16,750人の男女を対象に実施したソーシャルメディアに対する調査※1 の結果、12%が「いいね」の数を増やすため、投稿内容を脚色したり誇張したりすると回答しました。

 

たくさんの「いいね!」を獲得するために事実と異なる投稿をしたり、他人の秘密をばらしたり、他人の恥ずかしい写真を投稿する人が僅かながらいるということです。それはダメでしょ…

 

本記事では「いいね中毒」を測定する簡単なテストが公開されています。ダメですよ、と言っておきながら自分はどうなのか。試しに受けてみましょう。

 

クイズ:あなたは「いいね中毒」? – カスペルスキー公式ブログ

f:id:akio130:20170215192950p:plain

 

4択の質問が7問。すぐに終わります。

 

結果は…

f:id:akio130:20170215193147p:plain

 

「禁欲主義者」笑

この結果は嬉しい。

 

SNSは楽しんで使っています。いいねがついたら嬉しいですが、無理やり獲得しようとは思っていません。スマホのSNSアプリの通知はOFFです。

 

楽しむだけでなく、目的を持ってやっています。情報収集・発信、普段会えない人との関係性を補うため、ブログは文章を書く練習、各種PRのため。決して「承認欲求」ではないです。人と比べることもしていませんし。

 

SNSで「いいね」されることを気にしてると感じている方は、試しに受けてみて自身の「いいね中毒度」を確認してみてはどうでしょう。中毒症状が出ている方は、何かしら手を打つとよいかもしれませんよ。

 

SNS利用に関するカスペルスキーの今回の調査結果は以下から確認できます。(PDF資料10ページの資料です。ファイルサイズは426KB)

http://media.kaspersky.com/jp/pdf/pr/Kaspersky_OnlineDepression-PR-1035.pdf

 

Facebookで友達申請が来てフィッシング詐欺に遭いそうになった。

Facebook SNS ネット詐欺 フィッシング

Facebookで知らない外国人から友達申請が来ました。

 

不審なサイトへの誘導が目的(フィッシング)

どちら様でしょうか。(明らかに詐欺なので名前晒します)

f:id:akio130:20170214191349p:plain

 

もう一件来ました。

f:id:akio130:20170214185530p:plain

 

どちらも「グレイマウス」在住です。昨年旅行したニュージーランドの町か。

そのときにFacebookの「チェックイン」機能を使ったことが理由のようです。

 

f:id:akio130:20170214185227p:plain

 

チェックインした機能を経由して、この手の詐欺もあるんですね。

どちらのユーザも投稿には同じリンク先が貼ってあって、それをクリックさせることが狙いのようです。投稿は水着の写真などのセクシーなものばかり。友達が数十人いるみたいなので覗いてみたら、ほぼ100%海外の若い男性ばかり。

 

分かりやすい詐欺ですなー。

Facebookアカウント乗っ取りの可能性も

なお、Facebookでは知らない人と友人にならないようにしましょう。

今回のアカウントはフィッシング目的なので、乗っ取りを狙っていないかもしれませんが、Facebookでは知らない人と3人つながるとアカウントを乗っ取られる危険があります。

 

Facebookでなりすまし友人申請に注意 3人以上承認するとアカウント乗っ取りのおそれも - ITmedia NEWS

 

Facebookには、アカウントをロックされた場合、友人3人にセキュリティコードを取得してもらって入力すれば利用を再開できる「友達の助けを借りる」機能がある。3人以上のなりすましアカウントを承認してしまうと、この機能を使ってアカウントが乗っ取られる恐れがある。

 

2013年の記事ですが今でもこの機能は健在のようです。

対策としては

・知らない人と知り合いにならない

・「信頼できる友人」を事前に登録する

・メールアドレスを公開しない

が重要とのこと。

 

そもそも「3人の友人を利用すればアカウントを乗っ取られてしまう仕様は、セキュリティ的に危険では?」という意見もあったようですが、アカウントログインできなくなったときに、なんとか再ログインするためには必要な機能ということで残っているようです。「信頼できる友人」を設定できるようになったので、だいぶ改善されたようです。

 

友達の助けを借りる | Facebookヘルプセンター | Facebook

 

Facebookでは知らない人とは基本的につながらないようにしましょう。

(できれば、「信頼できる友人」の設定や、メールアドレス非公開設定もしておくとよいでしょうね。)